R-元服

公開:
R-元服(あーるげんぷく)とは、「境界線上のホライゾン」に登場する言葉で、映像作品などにおけるR指定を表す。
アニメ「境界線上のホライゾン」1話では、葵・トーリ(あおい・トーリ)が「ぬるはちっ!」というタイトルのエロゲをオリオトライ・真喜子(オリオトライ・まきこ)に見せる。
その際、「ほらこれ、見えるか先生。今日発売されたR元服のエロゲ「ぬるはちっ!」」と言う。
「ぬるはちっ!」のパッケージには「R-元服」と書かれている。

元服は日本に昔からある儀式で、奈良時代以降、男子の成人を示す儀式。
12~16歳くらいに行われる。

つまり「境界線上のホライゾン」に登場するR-元服は、R-18のような成人向けR指定を意味すると思われる。
リアルの世界で、R-18(18禁)と同義でR-元服という言葉を使っている人もいる。
タグ

   このエントリーをはてなブックマークに追加
Amazon TOP
ページ上部へ